読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

民泊運営希望者のためのAirbnb・Home Away活用ノウハウ

今流行りの民宿等のインバウンドに関する記事を記載していきます。

民泊はランニングコストが命!清掃外注の注意点と節約術 『外注ノウハウ編』(39)

民泊運営の外注を始めている人が最近多く見受けられます。 サラリーマンの方は、運営から清掃まで『全外注』している人が多いです。 しかし、その請け負っている業者はまさしくピンキリで、任せっきりにしていたら半年後に巨額の赤字を抱えていたりといった…

民泊ビジネスの正攻法(38)

前回の記事を踏まえて民泊ビジネスの正攻法を考えていきます。民泊において最も重要なキーワードは(1)需要と供給(2)法律(3)物件の質(4)地域になります。 (1)需要と供給のバランスを考える (2)法律を考える ~簡易登録可能物件について~ …

民泊180日規制を本気で考える~合法的に365日運営する方法~(37)

久しぶりに民泊についての記事を投下します。 『民泊180日規制』の法案が閣議決定されてずいぶん日が経ちました。 その上で、今後の流れを整理した上で対策法を考えていきたいと考えます。 1.なぜ180日規制が出来上がったのか?その本当の背景とは?…

ヤミ民泊が横行!ヤミ民泊とは?その実態と民泊の適切な運営方法(民泊ビジネスの現状(36))

テレビで度々報道されている『ヤミ民泊』。 この『ヤミ』とは具体的に何を指しているのでしょうか?? (1)ヤミ民泊とは??その定義広義:ホスト(貸主)が旅館業法において営業許可がない状態でゲスト(宿泊者)を宿泊させることを指します。⇒現在、国の戦略特区…

迷惑ホストは民泊ポリスへ通報! 何をもって無許可なのか!?その効果とは?(民泊ビジネスの現状(35))

今現在日本における民泊物件は何件あるかご存知ですか?おおよそ3万件以上といわれています! 徐々に登録物件数の増加率は弱まってきていますが、それでもいまだにその数は毎月微増しています。 1 現状の取り締まり状況しかしながら民泊の取り締まり方法はい…

民泊における最大のリスク & 民泊に適している地域 (民泊ビジネスの現状と分析 (25))

今回の記事で述べたい事は以下の通り 1 民泊における最大のリスク2 民泊に適している地域

絶対に民泊をしてはいけない地区・地域 (民泊ビジネスの現状と分析(24))

今回記事として述べたい部分としては民泊運営における「守り」の部分。 どんなに物件が良く、家具やホスピタリティを重視しても、運営する場所が民泊に適していない場合、多くの場合元手を回収しないまま撤退せざる負えない状況に陥ります。そこで今回は、以…

2016年4月現在 民泊登録数ランキング(民泊ビジネスの現状と分析(23))

2016年現在において、民泊の競争はどの程度激化しているのか、どの地域に物件が増えているのか改めて分析する必要があるようです。そこで、今回は以下の分析を行います。 1、全国の民泊物件登録数ランキングから分析を行う2、東京都の民泊物件登録数ラ…

新物件掲載!!新宿駅近での実績を検証 (民泊ビジネスの現状と分析 (22))

前回の記事では、新宿の大箱物件を掲載しました。 (リンク: http://minpaku.hatenablog.com/entry/2016/03/29/015534 )今回は4月の第一週に始めた物件についての説明します。 新物件は大箱ではなく、いわゆる「小箱物件」です。 理由は簡単。投資の世界では…

外国人旅行客が民泊に期待していること 民泊ビジネスの現状と分析(21)

2016年、益々激化している民泊市場。 安定した収入を見込む為には「顧客の需要を満たすこと」に尽きます。 そこで、興味深いデータがあったので掲載していきます。

4月1日に向け、民泊斡旋事業会社が多数進出!! 民泊ビジネスの現状と分析(20)

スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 4月1日の民泊解禁に向け、多くの企業が狼煙を上げて事業拡大を行います。その中には、民泊運営に関わるコンサルだったり民泊可能物件の仲介だったり、民泊事業者向けのセミナーであっ…

民泊ビジネスの現状と分析(18)(実践編 家具・家電の仕入れノウハウ)

これまでの記事は物件を仕入れるまでのプロセスについて詳細に記載しました。 なぜなら、『良い物件を仕入れる事が民泊において最も重要』だからです。何度も書きますが良い物件とは以下の通りです。 (1) オーナー許可物件であること(2) マンション管理組合…

民泊ビジネスの現状と分析(17)(中国サイト、Airbnbを追随! 中国で大人気『自在客(ジザイケ)』)

4月1日、来週にも民泊は「事実上解禁」と言われています。なぜなら「簡易宿所」の客室の延床面積は一律「33平方メートル以上」という条件をが旅館業法で設置されていました。それが1日から宿泊客が10人未満であれば、1人当たり「3.3平方メートル」の…

民泊ビジネスの現状と分析(16)(民泊に新ライバル!ラブホテル外国人に大人気 鶯谷躍進)

ここ最近、新宿区と渋谷区で「民泊熱」が過熱している中、外国人旅行客が一定数「ラブホテル」に取られていると知人から報告があったので調査することにしました。新宿や渋谷と並んで外国人に人気なのが、「浅草」や「アメ横」などいわゆる下町エリア。 その…

民泊ビジネスの現状と分析(15)(民泊専用の家賃債務保証サービス「S-Park」について)

皆さん、賃貸をされる際に連帯保証人を付けるように求められた事はありますか??おそらく、学生の一人暮らしなんかはほぼ確実に親を連帯保証人にしていたかと思われます。 しかし民泊運営者ともなるとおそらく二十歳以上の方々が多いかと思います。 さすが…

民泊ビジネスの現状と分析(14)(世界一のエアビ都市パリの実態! パリの実情から今後の東京民泊動向を占う)

3月17日、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)・日本旅館協会主催の緊急フォーラム「民泊の真実~今、観光大国フランスで起こっていること~」が開催されました。参加者:国会議員、厚生労働省、観光庁、旅館ホテル関係者、30名のマスコミを加え1…

民泊ビジネスの現状と分析(13)(観光庁発表 「民泊サービス」のあり方について まとめ)

H27年11月より7回にわたり具体的な検討を重ねてきたとされる「民泊サービス」のあり方について、観光庁は中間整理を取りまとめて公表しました。

民泊ビジネスの現状と分析(12)(料金徹底分析! 民泊VSホテル業界)

今回は今後競争が激化するであろう民泊とホテルについての比較を行いたいと思います。特に今回は、今後競争が熾烈化すると予想される価格設定についての分析をしたいと考えます。(注)今回の検証は民泊の物件数が最も多い『新宿区』で検証を行います。

民泊ビジネスの現状と分析(11)(民泊会談 Airbnb Japan出席 経済効果10兆円)

日本に10兆円の経済効果をもたらすと言われている民泊ビジネスよくも悪くも世間を騒がしていますが、今回は民泊業界最大手の『Airbnb』の日本法人が出席した会合についての記事を記載します。この規制改革会議(3月13日主催)は、『Airbnb率いる民泊仲介会社』…

民泊ビジネスの現状と分析(10)(民泊『ホームステイ型』 いよいよ解禁!)

3月15日、民泊の中の『ホームステイ型』が「届け出制」をもって、民泊を受け入れる方針を打ち出しました。「届け出制」とは、「許可制」と違い、都道府県に届け出さえ行えば基本的に認められるもので、特別な事情がない限りほぼどの地域でも『ホームステイ型…

民泊ビジネスの現状と分析(9)(2017年民泊解禁! 新法 管理業者を登録制へ! トラブル対応義務化)

3/15、日経新聞が民泊についての新法の骨組が出来上がった事を報じています。民泊の法整備に関しての規定は短期間で大きく変わっていっている。 法改正の流れ 2016年1月 国家戦略特区として大田区においては法的に民泊が認められる (注)滞在7日以上を条件 20…

民泊ビジネスの取締強化へ(ブジテレビ報道)

本日の午前中に無許可民泊の罰則強化を行うと、フジテレビ経由で放送されました! http://www.fnn-news.com/sp/news/headlines/articles/CONN00318880.html 今回の報道は、取締りを強化するものと、緩和するものに関しての両建てニュースとなっています。

民泊における納税方法・確定申告

確定申告の期日が近づいてきました。 15日までなのでまだ申告していない人は急ぎましょう!!さて、今回は民泊事業における納税方法を説明していきます。

民泊ビジネスの現状と分析(8)(HOME'S 民泊業界に進出)

ほぼ毎週新たな動きを見せる民泊業界。今回は新たなビックニュースとして『HOME'Sの民泊参入』です。3月11日に不動産情報サービス大手、ネクストの井上高志社長が民泊参入へ踏み切るとの発表をしました。

民泊ビジネスの現状と分析(7)(知識編)

刻一刻と変化していく民泊の現状について報告します。 最近新宿区の民泊物件の数が渋谷区を上回り、東京都で第一位となりました。 その数なんと2000件以上!! 外国人旅行客の人数が約2,000万人と考えると、東京に滞在する旅行者は約1,000万人。この1,000万…

民泊ビジネスの現状を分析(6)【実践編】

いよいよ民泊についての実践編に突入です。 民泊に関して常に注意していきたいことは以下の2点です。(1)民泊に関する法整備の動向民泊に関しての法整備は未だなされていません。これに関してはプラス面とマイナス面があります。【プラス面】 法整備が為…

民泊ビジネスの現状と分析(5)【民泊に適した物件】

今回は民泊に適した物件についてご紹介します。 必須条件(1)民泊許可物件であること →いうまでもなく、賃貸物件のオーナーに許可を取ることは必須です。オーナーに許可を取らずに行う『闇民泊』が横行していることも事実ですが、安心にかつ長期的な目線で…

民泊ビジネスの現状と分析(4)

こんにちは! 今回は(3)民泊においての初期費用についての記事を書きたいと思います。 結論から言えば、初期投資費用は生まれて初めてする一人暮らしにかかる費用と大きく差はありません。大まかに初期費用を投資するまでに辿るルートは下記の通りです。

民泊ビジネスの現状と分析(3)

こんにちは。 今回は(2)民泊の収益率についての記事を書いていきたいと思います。 この議題について論じたい事は下記の2点になります。

民泊ビジネスの現状と分析(2)

こんにちは! 前回外国人旅行客の急増についての現状と分析を行ったので、今回は(1)民泊ビジネスにおける法整備についての現状と分析を行っていきたいと思います。 ちなみに余談ですが最新情報によると、2015年の訪日外国人は前年比47.1%増の1973万…

民泊ビジネスの現状と分析(1)

こんばんは。 本日から主に民泊ビジネスについての記事を記載していきたいと思います。 現状民泊ビジネスについての論点は下記の通りになります。