読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

民泊運営希望者のためのAirbnb・Home Away活用ノウハウ

今流行りの民宿等のインバウンドに関する記事を記載していきます。

民泊(ノウハウ)

民泊はランニングコストが命!清掃外注の注意点と節約術 『外注ノウハウ編』(39)

民泊運営の外注を始めている人が最近多く見受けられます。 サラリーマンの方は、運営から清掃まで『全外注』している人が多いです。 しかし、その請け負っている業者はまさしくピンキリで、任せっきりにしていたら半年後に巨額の赤字を抱えていたりといった…

民泊ビジネスの正攻法(38)

前回の記事を踏まえて民泊ビジネスの正攻法を考えていきます。民泊において最も重要なキーワードは(1)需要と供給(2)法律(3)物件の質(4)地域になります。 (1)需要と供給のバランスを考える (2)法律を考える ~簡易登録可能物件について~ …

民泊×シェアハウス投資で稼ごう(民泊ビジネスの現状(32))

民泊に関しての規制は長期的に見れば、間違いなく整備される方向になると考えます。 どのように規制していくのかなどの詳細にわたる整備に時間がかかるとしても、この問題は間違いなく事業者にとっては重要な問題です。 しっかりとした戦略を練る時期になっ…

日本文化と諸外国文化のすれ違い・注意点(民泊ビジネスの現状(31))

民泊ビジネスにおいて、最も注意を払いたい事は『各国の文化を理解しておく』事です。 宗教的な問題はもちろん、ちょっとした見解の相違で問題は深刻に発展していく可能性があります。 少なくとも近隣のアジア諸国の文化は理解しておく必要があります。その…

民泊における最大のリスク & 民泊に適している地域 (民泊ビジネスの現状と分析 (25))

今回の記事で述べたい事は以下の通り 1 民泊における最大のリスク2 民泊に適している地域

絶対に民泊をしてはいけない地区・地域 (民泊ビジネスの現状と分析(24))

今回記事として述べたい部分としては民泊運営における「守り」の部分。 どんなに物件が良く、家具やホスピタリティを重視しても、運営する場所が民泊に適していない場合、多くの場合元手を回収しないまま撤退せざる負えない状況に陥ります。そこで今回は、以…

新物件掲載!!新宿駅近での実績を検証 (民泊ビジネスの現状と分析 (22))

前回の記事では、新宿の大箱物件を掲載しました。 (リンク: http://minpaku.hatenablog.com/entry/2016/03/29/015534 )今回は4月の第一週に始めた物件についての説明します。 新物件は大箱ではなく、いわゆる「小箱物件」です。 理由は簡単。投資の世界では…

外国人旅行客が民泊に期待していること 民泊ビジネスの現状と分析(21)

2016年、益々激化している民泊市場。 安定した収入を見込む為には「顧客の需要を満たすこと」に尽きます。 そこで、興味深いデータがあったので掲載していきます。

民泊ビジネスの現状と分析(18)(実践編 家具・家電の仕入れノウハウ)

これまでの記事は物件を仕入れるまでのプロセスについて詳細に記載しました。 なぜなら、『良い物件を仕入れる事が民泊において最も重要』だからです。何度も書きますが良い物件とは以下の通りです。 (1) オーナー許可物件であること(2) マンション管理組合…

民泊ビジネスの現状と分析(16)(民泊に新ライバル!ラブホテル外国人に大人気 鶯谷躍進)

ここ最近、新宿区と渋谷区で「民泊熱」が過熱している中、外国人旅行客が一定数「ラブホテル」に取られていると知人から報告があったので調査することにしました。新宿や渋谷と並んで外国人に人気なのが、「浅草」や「アメ横」などいわゆる下町エリア。 その…

民泊ビジネスの現状と分析(15)(民泊専用の家賃債務保証サービス「S-Park」について)

皆さん、賃貸をされる際に連帯保証人を付けるように求められた事はありますか??おそらく、学生の一人暮らしなんかはほぼ確実に親を連帯保証人にしていたかと思われます。 しかし民泊運営者ともなるとおそらく二十歳以上の方々が多いかと思います。 さすが…

民泊ビジネスの現状と分析(12)(料金徹底分析! 民泊VSホテル業界)

今回は今後競争が激化するであろう民泊とホテルについての比較を行いたいと思います。特に今回は、今後競争が熾烈化すると予想される価格設定についての分析をしたいと考えます。(注)今回の検証は民泊の物件数が最も多い『新宿区』で検証を行います。

民泊における納税方法・確定申告

確定申告の期日が近づいてきました。 15日までなのでまだ申告していない人は急ぎましょう!!さて、今回は民泊事業における納税方法を説明していきます。

民泊ビジネスの現状と分析(7)(知識編)

刻一刻と変化していく民泊の現状について報告します。 最近新宿区の民泊物件の数が渋谷区を上回り、東京都で第一位となりました。 その数なんと2000件以上!! 外国人旅行客の人数が約2,000万人と考えると、東京に滞在する旅行者は約1,000万人。この1,000万…

民泊ビジネスの現状を分析(6)【実践編】

いよいよ民泊についての実践編に突入です。 民泊に関して常に注意していきたいことは以下の2点です。(1)民泊に関する法整備の動向民泊に関しての法整備は未だなされていません。これに関してはプラス面とマイナス面があります。【プラス面】 法整備が為…

民泊ビジネスの現状と分析(5)【民泊に適した物件】

今回は民泊に適した物件についてご紹介します。 必須条件(1)民泊許可物件であること →いうまでもなく、賃貸物件のオーナーに許可を取ることは必須です。オーナーに許可を取らずに行う『闇民泊』が横行していることも事実ですが、安心にかつ長期的な目線で…