読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

民泊運営希望者のためのAirbnb・Home Away活用ノウハウ

今流行りの民宿等のインバウンドに関する記事を記載していきます。

巨富を築く13の条件

自己啓発

3年程前から集中的に読書をしていて、当初はベースである『思考』を鍛える事に集中していました。
自己啓発といえばナポレオン・ヒルが有名で、特に『思考は現実化する』は世界的な大ベストセラーです。
彼の本は3冊程読みましたが、隠れた名著として『巨富を築く13の条件』を推薦します。
非常に分かりやすく書かれているので、中級者の私にとっては読みやすかったです。

特に刺激的だった箇所は以下の通りです。




最も重要な6か条

1 あなたが達成したいと思う願望をはっきりとさせること。単にお金をたくさん欲しいなどというような漠然とした願望設定は全く無意味である

2 達成したいものを得るために、あなたはその代りに何を『差し出す』のかを決めること。この世界には、代償を必要としない報酬など存在しない

3 あなたが達成したいと思っている願望を実現する『最終期限』を決めること

4 願望実現のための詳細な計画をたてること。そしてまだ準備ができていなくても、迷わずにすぐに行動に移ること

5 達成したい具体的願望、その為の代償、最終期限、詳細な計画、以上の4点を紙に詳しく書くこと

6 紙に書いたこの宣言を、一日に2回、起床直後と就寝直前になるべく大きな声で読むこと。このとき、あなたはすでにその願望を実現したものと考え、そう自分に信じ込ませることが大切である

これをするのに重要なことは「イマジネーション」と『アファメーション

⇒目標実現に対しての明確かつ的確なアドバイスだと思います。毎日これを実践していれば確かに手ごたえは感じられました。前職時代に、社内の営業MVPになるという小目標を立てて上記の6つを試しに回してみましたが、なんと入社二年目に見事達成できました!!
現在は人生における中目標と大目標を設定し、実験中です。


『信念』について

・信念は、巨富を築くために必要不可欠な引き金である
・信念は、いかなる科学の法則をもってしても分析することのできない、あらゆる「奇跡」、あらゆる「神秘」のみなもとである。
・信念は、失敗を救う唯一の救済者である。信念は無限の知性と相通ずる唯一の仲立ちである。
・信念は、人間の限られた精神が作り出す考えをゆり動かし、目に見えるものに転化させる原動力である。
・信念は、人間が無限の知性を召使いとして行使できる唯一の仲立ちである


想像力
人間の筋肉と同様に、想像力も使えば使う程、その機能は鋭敏になる

・願望を富に変換する為には、改良的想像力がどうしても必要になってくる


決断力
・失敗の多くの原因が決断力の欠如に起因する
⇒優柔不断は誰しも乗り越えなければならない壁である

・決断力のある人間の定義
⇒決断が非常に早く、本当に変更が必要な時以外は滅多に決断したことを曲げない

・他人の意見に振り回される人間は、真剣な願望を持っているとは到底いえない
⇒成功する可能性は極めて低い

・サラリーマン100人の内98人がはっきりした目標を持たないで、経営者になることを選ばず現在の地位と年収に甘んじている。これは今後どう時代が変わったところで、このような人間が大半を占めるだろう。

・アメリカ独立宣言が発表されるまでには六段階の過程を1つずつ経ている
⇒願望→決断→信念→忍耐→マスターマインド→計画の組織化

決断を妨げる要因
・感情の喪失
→自らの人生に情熱を失った状態。このような人間は非常に多い

・無関心
→ものごとに対する不安を回避する為に、無関心という安全地帯に逃避する

・問題解決の優先順位をつけないこと
・低い自尊心
→卑屈や心や自身のなさは、優柔不断を招く。ものごとの判断を他社にゆだねていては自尊心など芽生えない

・絶望と抑鬱
→自分自身をコントロールできなければ、決断などできない

・現実離れした「理想的自己像」
・自己否定、他人への依存、人に好かれたいと願ってばかりいる脅迫観念
・尊敬されることを求めてミエを張ること
→他人の前で恥をかくことを恐れない
・将来、今よりさらによいことが起きるという確信

・失敗してみじめになることを恐れること

・自分に対して過剰な要求をすること

・何を選択したらよいかわからないこと

・時間がない、という幻想にとらわれていること

・精神統一ができないこと



忍耐力
・目標を達成するまではどんな障害にもめげずにやり通すという人はまれだが、そういう人だけが結局は成功する

・忍耐力の欠如は、失敗の最大の要因の一つ

・小さな願望は、小さな結果しか生じない
→もし自分は忍耐力が欠けていると思っているのなら、それは願望そのものに原因がある。
もっと意欲的に願望の火をかきたてることによって、その弱点は克服できる

・忍耐力があれば、どんな願望も実現できる。そして『どのような失敗にも、必ずそれ以上の価値を生み出す種子が潜んでいる』という知識も付与される



忍耐力を培う8つの秘訣
・目標・願望の明確化(最も重要なステップ)

・強い熱意を伴った目標実現意欲
→あなたの熱意を、周囲の人が感心するほどに高まれば、忍耐力を発揮するのはたやすくなる

・自信
→自分の脳力を信じること。自分は価値ある人間であると信じること

・計画の明確化

・正確な知識

マスターマインド

・意思の力

・習慣

富を築く為にどうしても克服しなければならない16のウィークポイント

1 自分の望みが何であるかもわからず、説明もできないこと
2 もっともらしい言い訳をつけて仕事を翌日に引き延ばすこと
3 知識欲、勉強意欲に欠けていること
4 優柔不断
5 明確な計画を立てず、口実をつくっては言い逃れをすること
6 自己満足
7 無関心(面と向かって解決しようとせず、すぐに安易に妥協すること)
8 他人の失敗は責め立て、自分の失敗はなかなか認めようとしない
9 動機づけをしなかったことからくる熱意の弱さ。その原因による怠け癖
10最初の失敗で挫けてしまうこと
11ずさんな計画。分析も反省できない
12アイデアやチャンスが訪れても、手を伸ばしてつかまえようとしない怠惰な性格
13夢想するだけで何もしないこと
14豊かになるために苦労するくらいなら、貧乏のままでよいという態度
15自ら汗を流さず、ギャンブルや投機で一攫千金を夢見ること
16批判を気にする。批判を恐れてはいけない。最大の敵。潜在意識の中に持ってしまうものなので注意が必要。


忍耐力を身につける4つのステップ
1 燃えるような熱意に支えられた明確な願望や目標をもつこと
2 明確な計画を立て、それを着実に実行していくこと
3 親戚、友人の否定的な意気消沈させるような意見をきっぱり拒絶する
4 目標を計画に賛成し、激励してくれるような人を一人以上友人にすること


巨富を築く13の条件 [ ナポレオン・ヒル ]
価格:1404円(税込、送料込)



総論

さすがに人生の半生をかけて思考について研究し続けたナポレオン・ヒルは不変の真理を追究しています!
当初の私はこの本を読んで愕然としました。なぜなら成功する人物の項目にはほとんど当てはまらず、失敗する人の典型例には該当するものばかりだったからです(笑)
ただ三年経ちましたが、定期的に彼の言うことを意識しておかげか、思考が少しずつ変化したように感じます。
自己啓発の本はおそらく50冊は読んでいますが、この本はそのベースとなる教科書みたいなもので、非常に優れていると感じました。