読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

民泊運営希望者のためのAirbnb・Home Away活用ノウハウ

今流行りの民宿等のインバウンドに関する記事を記載していきます。

40代からの「太らない体」のつくり方

まだ40代になるのは10年以上先ですが、肥満・健康に関しては常々注意を払っていきたいので記載します。
前職時代は、営業だったので夜のお付き合いは週に3、4回。3軒程飲み歩いてからのラーメンは当たり前。そんな生活を続けて約4年、体重は57キロから70キロへと変貌を遂げました。(身長は179センチ)
ドラクエのラスボスでいえば、ミルドラース変身前から変身後みたいな感じ、いわゆる逆ライザップですね!
そんなこんなで健康面が気になり始めたのでこの本を読みました。
40代に止まらず、若い方から高齢の方までに通じるような汎用性の高い内容が記載されています。



f:id:kk20724540:20160226230854j:plain

内容に関しては以下の通り。

・「見た目」は老化速度のバロメータ
・「体を維持するエネルギー」はおもに筋肉でつくられる
・腹回りが85センチ以上⇒内臓脂肪型肥満・・・糖尿病、高血圧、動脈硬化、心臓病等の生活習慣病の原因になる
・メタボとは?⇒高血圧・脂質異常・高血糖の内2つ以上の症状が重なったものを指す
・人間本来の寿命は125歳
・止められる老化
1、活性酸素による酸化
2、たんぱく質の糖化
3、ホルモン分泌の変化

・SOD(スーパーオキサイドディスムターゼ):活性酸素を毒性の低い物質に変える
たんぱく質亜鉛マンガンなどから作られる
・ニンジンは抗酸化作用がありがんや生活習慣病の予防になる

太らない体づくり
1 有酸素運動
2 筋 トレ
3 ストレッチ

・全身持久力の低い人は高い人に比べて心臓・血管の病気にかかるリスクが高く、死亡率は4~5倍
・1分間で125メートルのスピードで歩くのが理想
・一日に10分程度のウォーキングを3回、週4回
・筋トレ⇒若返りホルモン(DHEA)の分泌を良くする
・太らない体=やわらかい体
・一日の終わりに5分のストレッチを行い、その日のストレスを解消する
・肥満の人は一日のうち立っている時間が373分・座っている時間が571分

太らない食べ方
・食事の感覚は6時間ほどが適切
・朝は軽く、昼はしっかり、夜は軽く
・夜はタンパク質の豊富な食べ物にする
(例)魚介類と豆腐・納豆などのダイズ食品 刺身を冷や奴 イカ納豆
・少しもの足りなさを感じるくらいの量を最低20分かけて食べる
⇒脳に満腹感が生じるのは食べ始めてから20分程経過してからだから
・野菜を先に食べる⇒食物繊維が糖の吸収を緩やかにする
・卵は人間に必要な20種のアミノ酸をほぼ完璧なバランスで含んでいる
・オリーブオイル
1、血液中の善玉コレステロールが増え、悪玉コレステロールが減らす
2、増毛効果
・オリーブオイルの中でも香りの高いエクストラバージンオイルがおススメ
・太りやすい体三大元凶⇒白米・食パン・白砂糖
・ごはんなら玄米・胚芽米 パンなら全粒粉パン 砂糖なら黒砂糖
・通常カロリーの6~7割摂取にすると体が大幅に活性化する

睡眠・快眠
・夜の10時~2時の間に成長ホルモンが分泌される
セロトニンは暗くなると誘眠ホルモン「メラトニン」に変換される
セロトニンの敵はストレス
・体内時計は一日25時間で回っている
・レム睡眠⇒体を休めるための浅い眠り。脳が起きて心のメンテナンスを行う
・ノンレム睡眠⇒脳を休める睡眠。体のメンテナンスを行う
・布団の中を33度にする
・PC・テレビ等から発せられるブルーライトメラトニンの放出を妨げる

その他
野菜の栄養価は50年前に比べて8分の1から20分の1になっている
⇒サプリを服用する必要がある
・若返りホルモンDHEAのサプリ(ヤムイモ抽出成分)とマルチビタミンを合わせて飲むとやる気が倍増する


総論

どの健康本に書かれている共通点
腹6分目~7分目くらいがベスト
⇒現代人は食べ過ぎの傾向がある。プロアスリートでさえ食べ過ぎていると太ってしまうので普段そこまで激しい運動をしていない一般人はそれほど多く栄養を摂取する必要がない

・夜のスマホいじりは健康面に大きな影響を与える

・食事はゆっくり食べる

・痩せる一番の近道は基礎代謝を上げること。つまり筋肉を増やすこと

普段ジョギングする時間がなくても筋トレはできますし、食事制限とまでは言わなくても満腹まで食べない努力はできるはずです!(中々癖がついていて私は止められませんが)