読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

民泊運営希望者のためのAirbnb・Home Away活用ノウハウ

今流行りの民宿等のインバウンドに関する記事を記載していきます。

民泊でよく使う英語フレーズ(初級編)(民泊ビジネスの現状(33))

今回は民泊においてよく使うフレーズや定型文を掲載していきます。





頻度Sランク
(毎回使う)

・『Best regards』

⇒このフレーズは、文章の末尾に添えるもの。『Thank you』や『Thanks』よりやや丁寧な表現なので、これを使用すればまず間違いはありません。


・『Thank you for ~ing』、『Thank you for 名詞』(~をありがとう。)

⇒相手がしてくれたことに感謝の表現を示す場合に使います。
予約してくれた人には「Thank you for booking my apartment」を使ったり、親切にレスポンスをしてくれた人には「Thank you for your kindness」を使ったりします。


・『I'm looking forward to ~ing』(~を楽しみに待っています。)

⇒社交辞令として毎回「I'm looking forward to meeting you soon.」を使います。


・『as soon as possible』(出来るだけ早く)

⇒高校受験の鉄板熟語は実際の英会話でも多用されています。
ネイティブの人はこれを『ASAP』とよく訳してメールしてきたりします。


スポンサーリンク




頻度ランクA(ほぼ毎回使う)


・『Please let me know』(知らせて下さい)

⇒私に知らせて下さいという表現。「フライトの時間が決まった時に知らせてね」という具合にほぼ毎回使います。

・『You will not be disapponited with ~』

⇒自分の物件の宣伝に使ったりします。直訳で「あなたは失望する事はないでしょう。」という意味。
相手を安心させる表現として多用しています。


・『Leave it on the table』

⇒「鍵を机の上に置いたままにしておいて下さい。」という意味で多用します。
チェックアウトに立ち合いができなかった際に使います。
leaveは「出発する」という意味は中学生でも知っていますが、「放置する」という意味は高校で習ったものであり、忘れがちの人が多いので注意しましょう。

・『Just a little』(ちょっとだけ)

⇒値引き交渉をされた時によく使います。


・『Sorry to bother you』(ご迷惑おかけしてすみません。)

⇒こちらの不手際があった場合は即座にこの表現を使います。


・『How was ~?』(~はどうだった?)

⇒ややくだけた表現で感想を求める表現です。
「How was your stay?」という形で多用します。

・『What's wrong?』(どうしたの?)

⇒お客が困ってそうな素振りを見せた時に多用します。

・『It depends』(場合によります。)

⇒この観光スポットが混んでるかどうか聞かれた場合、「It depends on your arrival time.」といったように「時間によります」と表現したりします。


上記の内容をメモしておけば、予約までのやりとりはだいたい網羅できるはずです。

スポンサーリンク