読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

民泊運営希望者のためのAirbnb・Home Away活用ノウハウ

今流行りの民宿等のインバウンドに関する記事を記載していきます。

合同会社設立手順(1)~個人と法人の両方から所得を受け取るメリット~(サラリーマンの実質手取り額分析編)

ここ1、2年でサラリーマンが副業の収入とサラリーで受け取る収入を分ける為に法人を設立するケースが増えてきました。当然その理由としては「税金問題」、つまり節税対策になります。 今回、個人が課せられる税金の内訳を簡単に確認してみましょう。サラリー…

民泊における納税方法・確定申告

確定申告の期日が近づいてきました。 15日までなのでまだ申告していない人は急ぎましょう!!さて、今回は民泊事業における納税方法を説明していきます。

大学受験 新高3生、浪人生向け 1年で偏差値30上げる逆算勉強法(3) 〖戦略編〗

引き続き、逆算勉強法についての記事を記載します。 今回は『極限まで無駄を省くこと』についてです。別にこれといって目新しいことを述べていくつもりではないのですが、短期間で自分の実力以上の成果を上げてきた人達はおそらくこれに近しい手順を踏んでい…

民泊ビジネスの現状と分析(8)(HOME'S 民泊業界に進出)

ほぼ毎週新たな動きを見せる民泊業界。今回は新たなビックニュースとして『HOME'Sの民泊参入』です。3月11日に不動産情報サービス大手、ネクストの井上高志社長が民泊参入へ踏み切るとの発表をしました。

新高3生、浪人生向け 1年で偏差値30上げる逆算勉強法(2)

前回に引き続き、勉強法を紹介しましょう。 受験に限らず、短期間で最大の成果を発揮するには (1)目標を設定すること (2)期限(受験当日)までに何をすれば高確率で合格できるのかという逆算 (3)極限まで無駄を省くこと 以上の3点が最も大切になってくると思い…

新高3生、浪人生向け 1年で偏差値30上げる逆算勉強法(1)

この勉強法に関しては、高校時代に遊びすぎてしまい浪人してから1年で大逆転した勉強法です。 大学時代は3年間家庭教師をしており、嬉しいことに多くの生徒が偏差値40台から大逆転を果たし早慶や旧帝大に合格してくれました。 私は予備校の講師のような指導…

ホリエモン著作の『ゼロ』を振り返る

ここ最近、ホリエモンこと堀江貴文さんの著作の本が増えてきました。 私も度々彼の本を読みますが、その中でも『ゼロ』はお気に入りです。 堀江さんの思考回路や着眼点がよくわかる著書になっています。

新卒、転職活動者必見! 就職活動を成功させ、入社後も後悔したくないあなたへ(金融業界 労働環境・可処分所得編)

今回少しディープな記事を記載したいと思います。 各業界を労働環境と可処分所得について評価していきます。(注1)主に総合職についての記載なので、一般職採用の方に関してはあまり参考になりません。 (注2)主に知人友人からの直接のヒアリングなので、参考…

新卒生の為の就職活動(都市銀行)

今回は就職活動についての記事を金融業界を中心に記載していきたいと思います。 まず知っておきたいことは、それぞれの企業の強み、弱みについてです。 主に総合職採用の水準で記載していきます。 データの取得に関しては、実際に会社に勤務している知人友人…

民泊ビジネスの現状と分析(7)(知識編)

刻一刻と変化していく民泊の現状について報告します。 最近新宿区の民泊物件の数が渋谷区を上回り、東京都で第一位となりました。 その数なんと2000件以上!! 外国人旅行客の人数が約2,000万人と考えると、東京に滞在する旅行者は約1,000万人。この1,000万…

新卒・転職希望者必見!損害保険業界について

先週から新卒生の採用活動がスタートしました。 行動が早い人であればもう今の段階でだいぶ企業研究が進んでいる方もいるはずです。そんな中、毎年新卒者人気企業ランキングに上位にランクインしている『損害保険業界』についての記事を書きたいと思います。…

脳を休ませると10倍速になる!

ちょうど二年前に読んだ本です。 なぜ自分は睡眠不足になると頭が働かなくなったり、行動することが億劫になってしまうのか理由が知りたくなり脳に関する本を読み漁った時期がありました。 その中でもこの本は自分の中に落とし込めたものだったので記載した…

民泊ビジネスの現状を分析(6)【実践編】

いよいよ民泊についての実践編に突入です。 民泊に関して常に注意していきたいことは以下の2点です。(1)民泊に関する法整備の動向民泊に関しての法整備は未だなされていません。これに関してはプラス面とマイナス面があります。【プラス面】 法整備が為…

あした死ぬかもよ

私自身が本を読み始めの頃に出会った本です。 この本を一言で要約すると、『明日死ぬかもしれないので、毎日悔いのない人生を送ろう』です。 偉人と言われる人達は人生が有限であることの自覚を強くもっています。 スティーブジョブスのスタンフォード大学で…

40代からの「太らない体」のつくり方

まだ40代になるのは10年以上先ですが、肥満・健康に関しては常々注意を払っていきたいので記載します。 前職時代は、営業だったので夜のお付き合いは週に3、4回。3軒程飲み歩いてからのラーメンは当たり前。そんな生活を続けて約4年、体重は57キロから70キロ…

レバレッジ英語勉強法

私のお気に入りの著者、本田直之さんの『レバレッジ英語勉強法』について紹介します。 なぜ本田さんの著書が好きなのかというと、私の大学受験時代の勉強法と本田さんが紹介する内容が酷似しており、また誰にでも利用できる汎用性があるからです。私自身も前…

これからのお金持ちの教科書

昨年12月の発行された本です。 かなり刺激の受ける内容だったので記載したいと思います。この本の大枠は時代の流れを理解し、先取りする事で資産を築いていこうというものです。

民泊ビジネスの現状と分析(5)【民泊に適した物件】

今回は民泊に適した物件についてご紹介します。 必須条件(1)民泊許可物件であること →いうまでもなく、賃貸物件のオーナーに許可を取ることは必須です。オーナーに許可を取らずに行う『闇民泊』が横行していることも事実ですが、安心にかつ長期的な目線で…

為替の動向(最新情報)

今年に入ってからどうも株や為替の動きが激しいので注意が必要です。 度々お伝えしている通り、民泊等のインバウンド産業は円安の状況下で最も力を発揮します。 この状況が少しでも変わる可能性が出てくるのであれば、注意が必要です。

マイナス金利と今後の影響

こんにちは!! マイナス金利のニュースが発表されてから大分時間が時間が経ちましたが、昨日からマイナス金利が導入されたので、再び世間を賑わしています。 なのでマイナス金利の影響と経緯についてもう一度おさらいしておきましょう。

世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれた3週間で人生を変える法

3年間の読書生活の中で、特に意識していたことは『思考』と『習慣』です。 なぜなら、前職のサラリーマン時代、日々同じ様な生活を繰り返していく内にほぼ考える時間なしで半ば無意識状態で仕事をしている自分を振り返り、習慣化の偉大さと共に恐ろしさを知…

巨富を築く13の条件

3年程前から集中的に読書をしていて、当初はベースである『思考』を鍛える事に集中していました。 自己啓発といえばナポレオン・ヒルが有名で、特に『思考は現実化する』は世界的な大ベストセラーです。 彼の本は3冊程読みましたが、隠れた名著として『巨富…

エッセンシャル思考

民泊記事と並行して、去年から今年にかけて私が読んだ本の中で特に刺激を受けたものに関しての記事を書いていきます。今回は去年のビジネス書ランキングのトップ10入りをした『エッセンシャル思考』について簡単に述べていきたいと思います。 著者はグレッグ…

新しいライフスタイル

こんばんは!2/14(日)に大前研一さん創立であるBBT大学(ビジネスブレイクスルー大学)主催のセミナーに出席してきました。 今回のお題は『会社勤めなんて必要ない!?好きな場所に住んで自由に働く新しいライフスタイルを本田直之から学べ』というもの…

民泊ビジネスの現状と分析(4)

こんにちは! 今回は(3)民泊においての初期費用についての記事を書きたいと思います。 結論から言えば、初期投資費用は生まれて初めてする一人暮らしにかかる費用と大きく差はありません。大まかに初期費用を投資するまでに辿るルートは下記の通りです。

マイナス金利と今後の政府の方針(2)

こんばんは! 前回に引き続き、今月十六日に適用が開始されるマイナス金利について詳細に分析していきたいと思います。 黒田総裁がこのタイミングでマイナス金利政策に踏み切った理由は以下の通り大きく2つあると考えられています。

マイナス金利と今後の政府の方針(1)

こんにちは! 今回は民泊とは少し脱線して、経済関連の記事を書きます。 なぜなら経済動向は今後の民泊事業とかなり密接に関係しているからです。 もう一つ、私経済関連の記事を書くのは私の趣味です(笑)。特に為替関連は、某KO義塾大学経済学部で数年間研究…

民泊ビジネスの現状と分析(3)

こんにちは。 今回は(2)民泊の収益率についての記事を書いていきたいと思います。 この議題について論じたい事は下記の2点になります。

民泊ビジネスの現状と分析(2)

こんにちは! 前回外国人旅行客の急増についての現状と分析を行ったので、今回は(1)民泊ビジネスにおける法整備についての現状と分析を行っていきたいと思います。 ちなみに余談ですが最新情報によると、2015年の訪日外国人は前年比47.1%増の1973万…

民泊ビジネスの現状と分析(1)

こんばんは。 本日から主に民泊ビジネスについての記事を記載していきたいと思います。 現状民泊ビジネスについての論点は下記の通りになります。